都会で生活していれば、利用することも殆どない船舶免許ですが、これは種類によって扱える船の範囲が変わります。車も同じように単車から2トントラックなどのように、免許によって使える車の種類が違います。
レジャーなどに良く利用されているものは、小型船舶操縦士としての免許がメインです。大型の漁船などになれば他の免許に変化します。

日本国内でスポーツやレジャーに利用できるような船舶で、かつ海や湖を走るエンジン付きのものを利用しようとすると、この船舶免許が必要になります。手漕ぎ、または足こぎのようなエンジンのない船は免許を所持していなくても使うことが出来ます。
船舶免許を必要とする商品はプレジャーボート、モーターボート、ホバークラフトというような種類の船です。水上オートバイなどもそれに入ります。
夏場になれば無免許で水上スキーを利用していて事故を起こしている人もおりますが、そのようなことがないようしっかりと船舶免許を取得してからレジャーを楽しむようにして下さい。

この船舶免許は通称ボート免許といわれていることもあります。海技従事者の1つでもあります。
船舶免許を得るために行う試験には様々なものがあります。まず身体検査です。車の免許を取得する場合でも同じですが、聴力や視力や弁色力をある一定の基準まで満たしていなければ、安全な運転ができないと判断され、この船舶免許を得ることはできません。
また、発作や体の自由がきかなくなってしまうような障害がある場合も同様です。
エンジンがついている乗り物ですから、何か事故があった場合に死亡したり、ケガをしたりするのは自分だけではありません。周囲の人間を巻き添えにして大変な状態にならないように、免許取得には様々な制限がかけられているわけなのです。

当然、健康診断をクリアすれば学科試験が開始されます。学科試験は一般と上級科目にわけられており、船舶免許を得るために必要な知識や様々な情報を詰め込むために行います。
水上の交通ルールに関しての知識もそうですが、特徴や心得に操縦者が守るべきことなど、運転に関して基礎的なことを理解しているかどうかを試験によって確かめます。
一般海域や交通方法に港に入る場合の知識も必要になりますし、どんな環境や天候が危険なのか、事故をおこさないようにする為の対策も必要になります。
本当に事故を起こしてしまった場合の対応方法もこの一般科目試験によって判断します。

オススメリンク

独学では取りづらい船舶免許は専門のスクールに通うと習得することが出来ますよ。楽しみながら学びましょう!

詳細

運転免許と同様に、この船舶免許は有効期限が木間…います。5年間経過すれば更新作業にいかなければ免許は喪失してしまいます。
また、車ではありませんが船の場合でも飲酒運転は絶対にいけません。…Read more

より大きく

もっと大型の船を運転したい場合、取得しなければいけない船舶免許は2級に上がります。2級小型船舶操縦士免許といわれているものであり、20トン未満の船ならばどんなものでも運転が可能になっています。5…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
BACK TO TOP